« 日本の住宅 | トップページ | 軍事境界線 »

事業再生ADR

今日は、事業再生実務家協会主催のシンポジウムに参加してきました。

銀行を退職して不動産鑑定業界へ転身してもうすぐ4年。この間に私的整理ガイドラインや、この事業再生ADRが出来て、私の事業再生の知識も陳腐化しつつあったので、非常にいい機会でした。

事業再生ADRについて、研究者(大学教授)と実務家(弁護士)の各先生から基調講演があり、その後、パネルディスカッションとして債権者代理人(弁護士)、手続実施者(弁護士・公認会計士)、債権者(金融機関)が、それぞれの立場から発言していただきました。

ハーバード白熱教室のような熱い議論を・・・とまでは行かないものの、時に実務家の本音の窺えそうな発言も飛び出し、現場の息遣いの一端を感じられるような内容で、とても勉強になりました。

まだ、この制度が動き始めて日が浅いことから、省令による規定が、実態に合っていない部分が生じ、債権者代理人や手続実施者による献身的な説明努力や法解釈等によって穴埋めしている感じで、今後、より使いやすい制度にしていくために、ブラッシュアップが期待されるところですね。外資系の債権者や海外子会社等の問題が絡んだ案件のことを考えると、安定的に運用していくためには、もう少し法律による担保が整備されて行く必要性を感じました。(って、いかにも部外者的な意見ですが…)

新たなスキームなので全く内容が変わっていたら…と心配しましたが、基本的な考え方は、以前銀行でやっていた業務の延長線上にあることを確認出来て一安心。

閉会後、懇親会にも参加し、ずうずうしくも大御所の先生方にご挨拶に行き、お名刺をいただいたりして、本当に恐縮してしまいましたが、この事業再生スキームをここまで作り上げてきた方々のパワーを感じ取ることが出来て、とてもいいシンポジウムでした。

それにしても、これまでに事業再生ADRの取り組みは25件、しかも大口案件が中心ということで、営業的に見ると、我があかつき鑑定がお手伝いできる余地は、まだまだなさそうですね…。(泪)

Akatsukilogo   

不動産鑑定士 四方田 修

http://akatsuki-rea.o.oo7.jp/

あかつき鑑定BLOGは、にほんブログ村「士業ブ ログ」に参加しています。

ランキングにご協力下さい。
クリック
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 士

業ブログへ
にほんブログ村

|

« 日本の住宅 | トップページ | 軍事境界線 »

事業再生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564607/50102979

この記事へのトラックバック一覧です: 事業再生ADR:

« 日本の住宅 | トップページ | 軍事境界線 »