« 数寄屋橋阪急(モザイク銀座阪急)の立退料は60億円 | トップページ | プロミス大手町本社ビル売却(売却益300億円!) »

創造都市(菅総理は“ダメ”で、ベルルスコーニ首相は“アリ”な理由?)

我が国の政治は足の引っ張り合いの様相ですが、遠くイタリアでは、我が国の宰相の数万倍の疑惑を国民に抱かれながら、長期政権を続けています。

そんなイタリア人の気質を「創造都市」ボローニャの都市再生に重ねて綴られた本を紹介します。

昨年亡くなった井上ひさし氏の著書「ボローニャ紀行」

この本に目が留まったのは、別に、亡き氏のファンだったからというわけではありません。
実は学生時代に「地域経済論」のゼミに入っていて、その時の恩師(佐々木雅幸先生)がボローニャの研究をライフワークにしていて、井上ひさし先生とも交流があったからです。

私が学生だった当時は、地域経済論の分野では「内発的発展論」という言葉がよく使われていましたが、その後、「文化」が都市の経済発展に資するとする「創造都市」という概念が言われるようになりました。

案の定、本文中には恩師の著作からの引用が数箇所ありました。ただ、本著は経済学の本ではなく、読みやすいエッセーとして、当時ボローニャにレンタル移籍していた中田選手や、過去の歴史的人物、具体的な施設の名前等が多く出てきて非常に読みやすい内容になっています。

ボローニャは世界最古の大学がある街で、古くから高い自治意識を持ち、戦後革新自治体になったがために、復興資金(いわゆるマーシャルプランですね)を取り込むことが出来ず、そのため、自治体や地域財界の捻出した資金を有効に活用して、年の生み出す製品を世界に向けて売り出していったことによって、内発的に発展を遂げます。その成功体験が、今もこの街の原動力になっていて、社会的協同組合という有志で構成された組織により数々のプロジェクトが進められています。

そして、何より市民の年に対する愛着。徹底的に景観が保存された旧市街は、世界に誇る美しい町並みを残し、建物の内部は時代に応じてリニューアルしていく。そして音楽、演劇、映画等の文化的な集積が世界中から才能を引き寄せ、その文化的集積を推進力に都市が発展していく。

これって“Think Globally,Act Locally(世界視野で考えてローカルに行動する)”
まさに、今日本が手本とすべき都市再生のモデルです。

イタリアでは、国政にはあまり期待していなくて、その代わり都市の自治には強い関心を持っています。
ですから、一国の首相がサッカーチームのオーナーであっても全くお構いなしです(まあ、実際には批判だけはちゃんとするんですが…)。でも、自分の住む都市については、口も出すし、手も貸します。
そういえば、イタリア人に“Where are you from ?”と質問すると、「イタリア」ではなく、「フィレンツェ」等と都市名で答えます。国より都市への帰属意識が強いんですね。

今、「日本は政治が…」等と国政の失策に一喜一憂していますが、本当に人間が必要としているのは個人の幸せであって、その個人の幸せに密接に関係あるのは地域(または都市)の繁栄であるはずです。

独自の発展を遂げるボローニャのモデルに、日本が今抱えている問題を解決する鍵がある様な気がします。

【関連記事】

姉妹都市「共助の時代」

Akatsukilogo

不動産鑑定士 四方田 修

http://akatsuki-rea.o.oo7.jp/

あかつき鑑定BLOGは、にほんブログ村「士業ブログ」に参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

|

« 数寄屋橋阪急(モザイク銀座阪急)の立退料は60億円 | トップページ | プロミス大手町本社ビル売却(売却益300億円!) »

地域経済」カテゴリの記事

コメント

四方田君、こんにちは。
佐々木雅幸です。
全く偶然に、このブログに遭遇しました。
拙著『創造都市への挑戦』も読んでみてください。
金沢のことも書き込んでいます。
今は、大阪市立大学大学院創造都市研究科で、社会人大学院の指導をしています。
北新地の駅前第2ビル6階です。
また、どこかで会いたいね。

投稿: 佐々木雅幸 | 2011年3月13日 (日) 14時24分

佐々木先生

大変ご無沙汰しております。
コメントいただき、ありがとうございます。(先生にお読みいただくには拙い文章でお恥ずかしい限りです。)

先日、井上ひさしさんの本『ボローニャ紀行』の中に先生の名前を見つけて、懐かしくなり、昔ゼミのOB会でいただきました『創造都市の経済学』を読みかえしたりしていました。

先生のご活躍、web等で拝見しております。
また、OB会等ありましたら、是非ともお伺いさせていただきます。

投稿: あかつき鑑定(四方田修) | 2011年3月13日 (日) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564607/51090838

この記事へのトラックバック一覧です: 創造都市(菅総理は“ダメ”で、ベルルスコーニ首相は“アリ”な理由?):

« 数寄屋橋阪急(モザイク銀座阪急)の立退料は60億円 | トップページ | プロミス大手町本社ビル売却(売却益300億円!) »