« 鑑定評価とキャッシュフロー(金利と税金) | トップページ | CRE・PRE戦略推進のための人材と組織 »

パンダとスカイツリー

東武鉄道が、浅草駅ビル(松屋浅草店が入居)2012年春の改装すると発表しました。

同ビルは1931年に関東初の百貨店併設型の駅ビルとして、建てられ、もともとは、側面に17個のアーチ形の窓が並ぶ、アールデコ調の外壁を持つ建物でしたが、1974年の改修で周囲をアルミ製カバーで覆われたため、特徴ある外壁が見えなくなっていました。今回の改修により、歴史的建物として、浅草の町にまたひとつ名所が増えることになります。

江戸、明治、昭和初期と、江戸・東京の一番の盛り場と言えば浅草でした。

浅草御蔵(今の蔵前)に米蔵が設置され、日本全国から集められた侍や江戸庶民たちの食用米が集まるようになり、札差(株仲間)が豪遊したことから、繁華街として発展していきます。

日本最大の遊郭「吉原」、江戸時代に歌舞伎の興行を公式に認められていた中村座・市村座・森田座の江戸三座は、天保の改革の折、浅草猿若町に移され、以来、浅草寺の参詣も兼ねて、多くの人が訪れるようになります。

明治に入ると、浅草寺周辺が東京初の都市公園となり、12階建ての「凌雲閣」や演芸場や劇場が建てられ、東京きっての歓楽街になります。

関東大震災、戦災等に逢いつつも、復興を図りますが、昭和32年4月1日、売春防止法の施行により、吉原遊郭も寂れ、テレビの普及により、劇場が閉館に追い込まれる等、戦後の浅草は、東京一の繁華街の座を銀座や新宿・池袋の副都心に奪われます。

しかし、日本らしさ(江戸の風情)が残る街として、外国人を中心に年間三千万人が訪れる一大観光地であることには変わりはありません。

そんな浅草の川向うの業平橋に、新たなランドマークとなる東京スカイツリーが建設中です。高さは遂に600mを超えて世界一の電波塔になりました。

Skytree

そして、西隣の上野動物園には、中国からパンダがやってきます。

Panda

浅草、業平橋、上野のゴールデン・トライアングルが形成され、これから台東区が熱いですね。

Akatsukilogo   

不動産鑑定士 四方田 修 http://akatsuki-rea.o.oo7.jp/

あかつき鑑定BLOGは、にほんブログ村「士業ブログ」に参加しています。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

|

« 鑑定評価とキャッシュフロー(金利と税金) | トップページ | CRE・PRE戦略推進のための人材と組織 »

地域経済」カテゴリの記事

コメント

台東区、活況を呈してますね!
実は昨日「不動産戦略アドバイザー」の研修翌日、浅草にふらっと行ってました。
約半年前まで“台東区雷門”に住んでたのでちょっと寄ってから帰ろうと。

浅草からでもスカイツリーの存在感はでかくなってましたね。
そして相変わらず国内外の観光客でごった返している。
明らかに人の流れは増えてますね、このへん。

都心距離に対して賃料(家賃)が低いと思って住んでたのですが、
上がっていくんでしょうねぇ。。

投稿: うめでらま(不動産鑑定士@四日市) | 2011年3月 7日 (月) 10時20分

便利で、風情もあって、東京を目一杯楽しみたい…という人にはお薦めのエリアですよね。これから家賃も上がって行くんじゃないでしょうか。

この間テレビでやっていたのですが、最近、馬喰町が密かに人気なんだそうです。
昔の繊維問屋の住込みの寮を、若いデザイナー達が数人で借りて、中を改造してシェアハウスにしているんだとか。家賃安いし、便利だし、衣料材料はすぐ買いに行けるしでいいことづくめ…。
何事も視点を変えてみると、新たな発見があるようです。

投稿: あかつき鑑定 | 2011年3月 7日 (月) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564607/51041807

この記事へのトラックバック一覧です: パンダとスカイツリー:

« 鑑定評価とキャッシュフロー(金利と税金) | トップページ | CRE・PRE戦略推進のための人材と組織 »