« 震災と土壌汚染 | トップページ | 社団法人福島県不動産鑑定士協会の広報活動 »

東京今昔物語- 企業と東京 -

不動産の鑑定評価をする時、まず最初にその不動産の存する「地域」についての分析を行います。

各々の不動産は、他の不動産と隔絶されてそれらと無関係に、独立して存在するということはなく、他の不動産とともにある地域を構成します。

「日本橋」、「銀座」、「丸の内」等の地名を挙げると、パッと眼に浮かぶ風景というものが皆さんにもあると思います。

これらの特色ある街の風景は、その街のある特定企業の存在と結び付けられて記憶されていることが少なくありません。

社団法人東京都不動産鑑定士協会が会員向けに発行している会報「かんてい・TOKYO」に『東京今昔物語- 企業と東京 -』にという連載があります。

東京の「まちづくり」に深く関わってきた優良企業の歴史を、起業あるいは今日の礎を築かれた地域の変遷を辿るもので、それぞれの地域の成り立ちを知る上でも大変貴重な資料となる内容です。

このうち2004年7月から10回分をまとめて冊子にした連載したものをまとめて冊子したものが発刊されています。

【テーマ一覧】

1 65号(2004/7) 「日本橋の街と三越の歩み」
2 66号(2005/1) 「銀座と資生堂の歩み」
3 67号(2005/9) 「丸の内の街と三菱地所の歩み」
4 68号(2006/1) 「日比谷の街と帝国ホテルの歩み」
5 69号(2006/8) 「恵比寿の街とサッポロビールの歩み」
6 70号(2007/1) 「田園調布と東京急行電鉄株式会社の歩み」
7 71号(2007/9) 「新宿の街と中村屋の歩み」
8 72号(2008/1) 「超高層ビル建築と三井不動産の歩み」
9 73号(2008/7) 「明治神宮外苑の街と明治記念館の歩み」
10 74号(2009/1) 「神田神保町の街と三省堂書店の歩み」

この冊子は、会員だけでなく広く一般向けに作成されており、不動産無料相談会講演会・その他の行事 等の会場でも配布していますので、もしご希望の方がいらっしゃいましたら、下記HPをご参考よりどうぞ。

http://www.tokyo-kanteishi.or.jp/katsudou/publishing.html#info

ところで、社団法人東京都不動産鑑定士協会は、この度、新公益法人へ移行することが認められ、平成23年9月1日付で『公益社団法人東京都不動産鑑定士協会』へと生まれ変わることになりました(詳しくはこちらを参照ください)。

これからは、より一層公益性の高い活動をしていくことになりそうです。

「かんてい・TOKYO(No78平成23年新年号)」には、我が「あかつき鑑定」の紹介記事が掲載されています。お読みいただけると光栄です!

Akatsukilogo   

不動産鑑定士 四方田 修

http://akatsuki-rea.o.oo7.jp/

あかつき鑑定BLOGは、にほんブログ村「士業ブログ」に参加しています。

ランキングにご協力下さい。
クリック
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

|

« 震災と土壌汚染 | トップページ | 社団法人福島県不動産鑑定士協会の広報活動 »

地域経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564607/51942851

この記事へのトラックバック一覧です: 東京今昔物語- 企業と東京 -:

« 震災と土壌汚染 | トップページ | 社団法人福島県不動産鑑定士協会の広報活動 »