« タワー・マンション・ブームに黄信号? | トップページ | 建ぺい率の角地緩和 »

東京今昔物語 ―企業と東京―

公益社団法人東京都不動産鑑定士協会は創立20周年を記念して、実業之日本社から「東京今昔物語 ―企業と東京―」を出版しました。

51hssutyl_sx344_bo1204203200_

これは、協会の会報誌「かんていTOKYOに連載されていた記事を編集したもので、「東京における不動産と人との関わりについて、都内の優良企業19社と、その企業が関わる地域との変遷を紐解きながら明らかにしていく本書は、読者の知的好奇心を満たしながら、東京という、世界で唯一無二の魅力的な都市の姿を、改めて甦らせてくれるに違いない」と紹介されています。
紹介されている企業は、19社。いずれも一流老舗企業ばかりで、会社名と街の名前がセットで思い浮かばれる組み合わせばかりです。

【目次】
第1章 銀座と資生堂の歩み
第2章 丸の内の街と三菱地所の歩み
第3章 日比谷の街と帝国ホテルの歩み
第4章 恵比寿の街とサッポロビールの歩み
第5章 田園調布と東京急行電鉄の歩み
第6章 新宿の街と中村屋の歩み
第7章 超高層ビル建築と三井不動産の歩み
第8章 明治神宮と明治記念館の歩み
第9章 日比谷公園と松本楼
第10章 国立学園都市開発と西武グループの歩み
第11章 虎ノ門・神谷町界隈とホテルオークラ東京の歩み
第12章 赤坂界隈と虎屋の歩み
第13章 浅草橋界隈と吉徳
第14章 青山に育まれて……紀ノ国屋
第15章 葛飾とタカラトミー
第16章 「都市をつくり、都市を育む」森ビルの歩み
第17章 石川島、豊洲とIHI
第18章 京橋と味の素社の歩み
第19章 浅草界隈とマルベル堂の歩み


この本が売れて協会が儲かると言うことはないのですが、話題になって店頭に並ぶようになれば協会の広報活動になるので、せっせと話題作りに汗をかいてます。
実際、なかなか読み応えがある本なので、是非お買い求めいただけると嬉しいです。

不動産鑑定・コンサルティングの

Akatsukilogo   
不動産鑑定士 四方田 修

http://akatsuki-rea.o.oo7.jp/

地代・賃料・借地権・立退料等、不動産等の問題を解決するために、
依頼目的に応じて説得力のある不動産鑑定評価書を作成致します。

まずは、ご相談ください。

あかつき鑑定のホームページ:http://akatsuki-rea.o.oo7.jp/

不動産鑑定業者登録東京都知事登録(2)第2339号
公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会会員
公益社団法人東京都不動産鑑定士協会会員


〒135-0048
東京都江東区門前仲町1-9-13ウィズビル405
TEL/FAX:03-3643-0105
E-Mail:rea-yomoda@ka.baynet.ne.jp

あかつき鑑定BLOGは、にほんブログ村「士業ブログ」に参加しています。

ランキングにご協力お願いします。
クリック
↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

|

« タワー・マンション・ブームに黄信号? | トップページ | 建ぺい率の角地緩和 »

不動産鑑定」カテゴリの記事

商業施設」カテゴリの記事

地域経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564607/62646164

この記事へのトラックバック一覧です: 東京今昔物語 ―企業と東京―:

« タワー・マンション・ブームに黄信号? | トップページ | 建ぺい率の角地緩和 »