« 平成28年度地価公示発表 | トップページ | 平成28年 秋の講演会のご案内 »

中野区役所・サンプラザ地区再整備実施計画

3/22、中野区長の定例記者会見において、『区役所・サンプラザ地区再整備実施方針(案)』が発表されました。


計画では、区役所や税務署、中野サンプラザを含む約4.85ヘクタールを一体で開発し、最大収容人数1万人のホールの他、オフィスやホテル、マンションなどの多機能複合施設も設け、ホールにはスポーツイベントや展示会などにも使用できるよう、アリーナ(平土間)部分を組み込む予定とのこと。

中野サンプラザは、1973年(昭和48年)6月1日、雇用促進事業団によって、勤労者福祉施設として建設されました。

中野サンプラザと言えば、日比谷野外音楽堂や日本武道館とも並ぶ人気を誇るホールで、ここでコンサートを楽しんだ思い出のある方も多いのではないでしょうか?
現在の収容人数は約2200人(渋谷公会堂や今はなき新宿厚生年金会館とほぼ同規模)ですので、一気に5倍近い大きな施設に生まれ変わることになります

東京周辺のホールのキャパシティの上位を見ると、スーパーアリーナ(22000)、横浜アリーナ(17000)、日本武道館(13000)、代々木体育館(13000)辺りに次ぎ、両国国技館(11000)、幕張メッセイベントホール(10000)辺りと並ぶ規模になります。

コンスタントにイベントを行うことが出来れば、地元に大きな経済効果をもたらすことになりますが、中野駅周辺の商業施設はどちらかと言うと小規模で、範囲も限られるので、いかに周辺に流出するのを防げるかも課題になりそうですね。(周辺の高円寺、阿佐ヶ谷、早稲田辺りが恩恵を受けそうですね。)

個人的にな感想としては、音楽不況で大規模なホールでの公演が減っている現状で、この規模の箱を作るのはリスクが高いような気がします。現状の2千人規模のホールが、どこも老朽化で閉館や建替えの危機にさらされている現状では、むしろ、現在の規模を維持した方が得策なような気もしますが、果たしてどうなるでしょうか?

なお、区役所の移転が終わる2022年(平成34年)頃から解体工事を行う予定とのことで、当分の間は、今の中野サンプラザでコンサートを楽しむことが出来そうです。


Pic_d002_2


不動産鑑定・コンサルティングの

Akatsukilogo   
不動産鑑定士 四方田 修

http://akatsuki-rea.o.oo7.jp/

地代・賃料・借地権・立退料等、不動産等の問題を解決するために、
依頼目的に応じて説得力のある不動産鑑定評価書を作成致します。

まずは、ご相談ください。

あかつき鑑定のホームページ:http://akatsuki-rea.o.oo7.jp/

不動産鑑定業者登録東京都知事登録(2)第2339号
公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会会員
公益社団法人東京都不動産鑑定士協会会員


〒135-0048
東京都江東区門前仲町1-9-13ウィズビル405
TEL/FAX:03-3643-0105
E-Mail:rea-yomoda@ka.baynet.ne.jp

あかつき鑑定BLOGは、にほんブログ村「士業ブログ」に参加しています。

ランキングにご協力お願いします。
クリック
↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

|

« 平成28年度地価公示発表 | トップページ | 平成28年 秋の講演会のご案内 »

地域経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564607/63385443

この記事へのトラックバック一覧です: 中野区役所・サンプラザ地区再整備実施計画:

« 平成28年度地価公示発表 | トップページ | 平成28年 秋の講演会のご案内 »